ブログトップ

器 暮らしの道具 フクギドウ

fukugido.exblog.jp

石川昌浩・富井貴志 二人展

e0174865_20324684.jpg
今日は私はお休み。
実は昨日お休み頂こうかと思っていた矢先
某雑誌の取材が入り、今日にずれたのですが。
そのおかげで「岡山で二人展の初日やん!」と気付き
これは行けということだなと、
朝、おチビくんを送りだしてすぐに家を飛び出し
一路、岡山へ!

鼻息荒く(笑)オープン前に着いてしまったので
ちょこっとスタバで心を落ち着かせ
いざ、くらしのギャラリーさんへ!

今回、どうしても見てみたかったのが蓋物。
石川さんが吹いた硝子に富井さんが蓋を作るという
この会だけのものを出されると聞いていたのです。
それだけは後で注文もなし!
だから売れてしまう前にすべて見ておきたかったのです。

そしてそしてどれも素敵すぎて
蓋物ひとつ、木のプレートひとつを
連れて帰ってしまいました(笑)。
e0174865_20331023.jpg

配り手なのにこんなにテンションあがってよいのでしょうか?
でも今日だけは、思いっきりお客さんとして
楽しませていただきました。

そうそう。
石川さんはフクギドウ本の、
出版パーティーの言いだしっぺだったけれど
日程的に参加できないからと
同世代のつくり手さんにフクギドウへモノを贈りましょうと
先頭切って言って下さったんです。
そのお礼にパーティーでお出ししていた
箕面ビールを持って行ったらば。
なんと、ディスプレイに使って下さいました!
嬉しい~~~~!!!
もしくらしのギャラリーさんへ行かれたら
さりげなく置いてある箕面ビールにも注目ですヨ。

さてフクギドウでは、
石川さんの企画展を9月に予定しています。
今年は個展ではなく、
何かと絡ませてやろうと言っているのに
なかなか企画が決まらない私に
「面白い企画じゃなかったら却下するから(笑)」と
ハードルをさらに上げられてしまいました(汗)。
今回のくらしのギャラリーさんに負けないような
素敵な企画展を考えますともっ!
却下されないようにね。


おまけ。
岡山のお父さん、
Gallery ONOさんの新しい場所に伺ってきました。
エントランスから奥は、普通のおうちだけど
普段の暮らしに溶け込むガベや古い壺や
アフリカの椅子などが新鮮で。
いつかあんな風に暮らせたら素敵だ。
こちらでも「生命の木」という名前のガベに
ヒトメボレをして連れて帰りました。
育つという意味を持つガベにご縁を感じながら。


e0174865_20354390.jpg

[PR]
by fukugi-do | 2011-03-02 20:38 | 日々のできごと | Comments(4)
Commented by macha04macha at 2011-03-02 22:11
ごぶさたしてすみません(^^ゞ

いらしてたんですね!!
私もすごく楽しみにしていました。
本日は、在大阪、明日お邪魔しようと思っていますが、

変わりに先発隊で夫が行きましたが…、
場所にそぐわぬ男が居りませんでしたでしょうか(笑)

次回は是非岡山でお逢いしたいです♪、
箕面ビールのディスプレイも楽しみだなぁ~~♪♪
Commented by fukugi-do at 2011-03-02 22:20
macha04machaさま:

こんばんは!
ご無沙汰しています。

そうそう、今日ご主人をチラリと拝見しました♪

最初、石川さんが来られる前に入ってこられ、
「おしゃれな男性が来られてましたよ」と
お店の方が石川さんに伝えられていました!
その後しばらくして再来店された時に
石川さんがチラリと教えて下さったのです。

macha04machaさまも大ブレイクしてしまいそうな蓋物と
箕面ビールのディスプレイを
ぜひチェックしてみてくださいね!
Commented by yooyoo at 2011-03-04 08:27 x
はじめまして。macha04machaの夫です。
見つかってましたか。
おしゃれでは無かったですけどね。。。

フクギドウさんには妻に連れられ一度行きました。
残念ながら臨時休業されていたので、刀削麺をいただいて帰りました。
とっても素敵なお店だと聞いていますので、また是非お邪魔させてください!
Commented by fukugi-do at 2011-03-04 22:51
yooyooさま:

はじめまして。
といいますか、この前チラリとくらしのギャラリーさんで
お見かけしました(笑)。
私は水色のダウンを着ていた者です。

それはそうと、フクギドウに来て下さっていたんですね。
すみません、たまに臨時休業するもので…。
刀削麺は、石川さんファミリーもご案内したお店です。
面白いおっちゃんがいませんでしたでしょうか?
またぜひ奥さまといらしてくださいね!
お待ちしています。
<< Richerとnid別冊に掲載... CAFE TIMO >>