ブログトップ

器 暮らしの道具 フクギドウ

fukugido.exblog.jp

ラオスの手仕事布 HPE谷由起子の仕事展

e0174865_129473.jpg
ラオスの手仕事布
HPE谷由起子の仕事展
2015年10月16日(金)~24日(土)
※谷由起子さん在店日/10月16日(金)~18日(日)


今年の春の発表会を終え 
4月下旬にラオスに戻り今回帰国するまで 
作りためたものをみていただきます。
糸にする素材作りから最後縫製まで手掛けているので 
平凡な毎日の中に、いろんなことが起きます。
8月に入って、藍草の刈り取り作業をしました。
刈り取るとき藍の草は2m位になっています。
ちょっとした藪です。
その藍草の藪の中に小鳥が巣を作っていました。
葉や小枝などで作られた小さな巣、なんともきれいです。
手のない小鳥はどうやって作るのでしょう。
くちばしだけで?
すごい。
その小さな巣の中に、卵が3つありました。
薄い紫色の地に濃い紫色の文様。
その殻の中で命が育まれているからなのか
その小さな卵は輝きに包まれていました。
ほーっと感動のため息が出ます。
その巣の主の小鳥は私たち人間が藪の中に入ってきたので 
逃げて近くで私たちを見ているのでしょう。
少し離れたところで小鳥の鳴き声が響きます。
藍草を刈り取ってしまうので卵を孵すことはできず
この小鳥にとっては大きな災難でした。
それでも小鳥はまた新しい場所を探して巣を作ります。
そこの場でできることを淡々とやっていく。
他の虫虫、植物たち皆そうです。
生きる環境はどんどん悪くなっているのに 
何も言わずできることをやっている。
心から頭が下がります。
私も少しでも見習いたい。
でもとても難しいです。

2015年秋のHPEの布、ご覧ください。

心よりお待ち申し上げます。


HPE 谷由起子

----------



今年も念願叶って、HPEの布をご紹介できること
本当にありがたく思っています。

ラオスの近代化とともに、手仕事布を手掛ける人が減少し、
「先細りの仕事」と谷さんから伺うたび、
寂しい思いでいっぱいになります。
が、加速する近代化を簡単には止めることはできません。

なくなってしまうかもしれない、HPEの手仕事の布。

こんなに素朴で力強く、いとおしい布を
一同にご体感頂ける機会は、
もうそう多くはないのかもしれません。

ぜひこの機会にご高覧くださいませ。


e0174865_1294411.jpg


〔お知らせ〕

■神戸そごう出店
10月6日(火)~19日(月)
6階エスカレーター横にて、
tamaki niimeさんのショールやニット、パンツなどと、
沖縄の登川均さん、風香原工房の仲里香織さんのやちむん、
レピスさんと一緒に作ったレシピブック、
牧谷窯の練り込み柄のてぬぐいなどを
フクギドウからお持ちします!

■沖縄―伝えゆく仕事―
松田米司展
10月30日(金)~11月7日(土)
@フクギドウ本店

松田米司×ベトナム料理コムコカ ごはん会を
10月30日(金)に開催します!
ご予約方法など、詳細は後日ご案内します。

■小鹿田―受け継ぐ仕事ー
坂本創・坂本拓磨 二人展
10月30日(金)~11月7日(土)
@フクギドウ201号室

小鹿田×いたぎ家 昼酒の会を
10月31日(土)に開催します!
ご予約不要、創さんや拓磨さんと一緒に
いたぎ家さんのアテとお酒、器を楽しみましょう。
開催時間などは後日ご案内します。
[PR]
by fukugi-do | 2015-10-05 12:15 | 企画展のお知らせ | Comments(0)
<< ラオスHPE谷由起子の仕事展、... 牧谷窯 杉本義訓展、明日から! >>