ブログトップ

器 暮らしの道具 フクギドウ

fukugido.exblog.jp

タグ:松崎修 ( 6 ) タグの人気記事

木漆 松崎修の仕事展

木漆 松崎修の仕事展、明日から!
松崎修さん8日~10日在店







[PR]
by fukugi-do | 2017-12-07 16:49 | 企画展のお知らせ | Comments(0)

木漆 松崎修の仕事展

木漆 松崎修の仕事展、明日から!
松崎修さん8日~10日在店







[PR]
by fukugi-do | 2017-12-07 16:49 | 企画展のお知らせ | Comments(0)

萩原芳典・松崎修さん二人展イベント報告!

昨日から始まった萩原芳典・松崎修 二人展。

初日の昨日は、松崎修さんによる
刳りもの(くりもの)ワークショップで
スプーンを作ったり、
お酒の好きな萩原芳典さんに
酒器とぐいのみを作っていただいて
日本酒の会を開催しました!

まずは「刳りもの(くりもの)ワークショップ」。
e0174865_12135786.jpg


松崎さんの自己紹介にはじまり、
あらかじめ松崎さんがある程度までくりぬいた
スプーンから、ご自分なりのフォルムに削って頂きました。
e0174865_1214141.jpg

これ、とーっても性格が出まして、
中央部分にラインを引いて左右対称になるようにされる方や
ざっくざっく大胆に削られる方など、それぞれいらして。
私だったら断然、後者(笑)。


その後、一晩乾燥させたコチラに
e0174865_12143338.jpg

漆を5回ほど塗るそうです。
この、漆を塗る作業ですが
今週土日のオープンすぐと夕方に作業されるそうなので
ご興味おありの方は、ぜひ時間に合わせてご来店下さいね!



そして夕方からは
「萩原芳典の器×日本酒の会」。

まずは萩原さんが作られたぐいのみから
お好きなものをひとつずつお選びいただきまして…
e0174865_12145970.jpg

日本酒は、灘の老舗「泉酒造」さんにお願いして
チョイスしていただいた5種と
しばりたてほやほや、まだラベルもついていないレアなお酒も!!!
それぞれに味や香りに特徴があるので
それを泉酒造取締役・泉藍さんにレクチャーしてもらいながら
呑み比べを楽しんでいただきました!
e0174865_12172933.jpg


この日本酒のアテには、
セレクトショップ時代の後輩で、
退社後、岡山の「わら」さんで重ね煮など
野菜料理を学んで帰ってきた
南山朋子さんによる野菜と味噌や麹などを使った料理を
萩原さんの器で頂きました!
e0174865_12175930.jpg
e0174865_1218454.jpg

砂糖やみりんを使わず、
野菜本来の甘みを引き出した料理を
楽しんでいただきました。

e0174865_12182645.jpg
萩原さんの片口に日本酒注ぐと、あら不思議!
中の模様がよりクリアできれいに、
お酒が映えるんです!!!
これには驚きました!

お酒の力も借りて、年の差20歳くらいある
初対面のお客様同士、楽しんでいただけたようで
また萩原さんのトークも弾みまくりだったようです。
e0174865_12184146.jpg


そんなこんなで初日は終了しましたが
まだ会期は来週土曜日まであります。
つくり手のお二人も日曜日までいらっしゃいますので
ぜひお二人のものを見に、
フクギドウ201号室までお越しくださいね!

またフクギドウ本店では
寒い冬をもっと楽しいものにしてくれる
土鍋や耐熱のうつわ、
玉木新雌さんのショールなどご用意していますので
合わせてご来店下さいね。


※ブログ掲載分につきまして
在庫のある限り、通販対応させていただきます。

■お問合せ
078-862-3650(フクギドウ201号室)
info★fukugi-do.com
(★を@に変換してくださいね)
[PR]
by fukugi-do | 2013-12-14 12:23 | 企画展のお知らせ | Comments(0)

「萩原芳典・松崎修 二人展」明日から!

e0174865_1354295.jpg
明日から始まる「萩原芳典・松崎修 二人展」、
やっと準備が整いました。

お二方とも、ものすごい量が届き、
梱包を解いて、あーでもない、こーでもないと
レイアウトするのに3日…。

ぎっしりと棚を埋めた陶器と木漆!

お二方のすごいのは
同じ型でも柄が違うとか、
似ているカタチだけど色やディテールが微妙に違うとか…
つまり、かなり一点ものの数が多いということ!

それってとてつもない労力をかけて
フクギドウのために作ってくださったということだと。
本当に感謝です。

そんなお二方。
栃木からわざわざ神戸までやってきてくださいます。
しかも3日間も!
それもありがたいこと。
なかなかお目にかかれない、
お二方の作品とつくり手に会いに、
ぜひいらしてくださいね!


また日本酒の会は、ご応募受付中!
時間が早いとのお声多数いただいているので
遅れてのご参加でも大丈夫なようにしようと思いますので
ご興味おありの方は、
ぜひフクギドウまでご連絡下さいね!

皆様のご来店、お待ちいたしております!


-------

「萩原芳典さんの器×日本酒の会」

お酒の好きな萩原さんには、
様々なぐいのみを作っていただきます。
萩原さんのお好みのぐいのみで
灘の老舗「泉酒造」のお酒を呑み比べてみませんか?
野菜料理を手掛ける南山朋子さんによる発酵料理や
味噌を使ったアテをご用意します!


日時/12月13日(金)17時半~19時
参加費/3,000円(税込・ぐい呑みのお土産つき)

(ご予約)078-767-0015


e0174865_13544845.jpg
e0174865_13545318.jpg
e0174865_13545871.jpg
e0174865_1355336.jpg
e0174865_1355723.jpg
e0174865_13551118.jpg
e0174865_13551684.jpg

[PR]
by fukugi-do | 2013-12-12 13:55 | 企画展のお知らせ | Comments(0)

萩原芳典・松崎修 二人展

e0174865_1614439.jpg
e0174865_15591955.jpg


萩原芳典・松崎修 二人展
12月13日(金)~21日(土)
在店日/萩原さん、松崎さんともに13日~15日


益子で作陶する萩原芳典さんは萩原窯の五代目。
益子焼の伝統釉を使って
普段に使いやすい日常の器を作られます。
e0174865_1623676.jpg


同じく益子で木漆工芸家として活動する松崎修さんは
「刳りもの(くりもの)」と呼ばれる
木のかたまりからカタチをくりぬき、
幾重にも漆を塗る技法を用いて器を作られます。
e0174865_1645825.jpg
e0174865_1653778.jpg


食卓をぐっと明るくしてくれるお二人の器を
年末年始のテーブルにプラスしてみませんか?
e0174865_1559445.jpg
e0174865_160418.jpg


※松崎修さんの木漆の器は、
nid Vol.30にも掲載いただきました!
店主、表ゆかりが愛用している松崎さんの作品を
ぜひご覧ください!
e0174865_1617538.jpg



-------

「萩原芳典さんの器×日本酒の会」

お酒の好きな萩原さんには、
様々なぐいのみを作っていただきます。
萩原さんのお好みのぐいのみで
灘の老舗「泉酒造」のお酒を呑み比べてみませんか?
野菜料理を手掛ける南山朋子さんによる発酵料理や
味噌を使ったアテをご用意します!


日時/12月13日(金)17時半~19時
参加費/3,000円(税込・ぐい呑みのお土産つき)

-------


「刳りもの(くりもの)のスプーンを作りましょう」

木漆工芸家・松崎修さんによる”刳りもの”ワークショップを開催。
くりぬいたスプーンに松崎さんが漆を塗り、
後日お渡しいたします。
e0174865_1661088.jpg


日時/12月13日(金)11時~13時、14時~16時
参加費/2,000円(材料費・税込)

※満席のため、キャンセル待ち受付中

-------

いずれもご予約はフクギドウまで。

078-767-0015
info★fukugi-do.com
(★は@に変換してください)
[PR]
by fukugi-do | 2013-12-09 16:14 | 企画展のお知らせ | Comments(0)

コウゲイ創発塾展3日目、松崎修さんの木漆。

e0174865_21141652.jpg
12日(火)は、国展→大阪日本民芸館→フクギドウをめぐる
コウゲイ創発塾ツアー、無事終了いたしました。

ツアー中は段取りにアタフタしていたため
気付けば、ほとんど撮影をしておらず…。
また私たちにとっても初めての企画だったので
行き届かないところも多々あったと思います。
私の中では反省点がたくさんあったので
来年、もし同じようなことをする機会があったならば
もっと充実させたいなと思っています。

さてそんなこんなで怒涛のごとく初日、二日目と過ぎてしまいましたが
ここでスペシャル企画の発表です!!!

コウゲイ創発塾ツアーで参加したつくり手9名の
サイン入り国展図録!
e0174865_216655.jpg


サインを書いている石川昌浩さん。
後ろに益子の萩原芳典さん&富井貴志さんも。↓
e0174865_2173352.jpg


図録は残り2冊となりました。
気になる方はお急ぎくださいね!

今回はフクギドウ初のつくり手が
何人かいらっしゃいますので、
はじめましてのつくり手のものを中心にご紹介していきます!

今日ご紹介するのは益子、木漆の松崎修さん。
木をくりぬいて漆を20回も塗って作られた
ぐい呑みやカップ、小皿や蓋物、盆など
たくさんのアイテムを益子から自らの手で届けて下さいました!

松崎さんの木漆は、普段使いの器をイメージしておられます。
熱を加えるのはNGですが、
サラダや揚げ物などを盛った後、
スポンジに台所洗剤を付けて洗うだけでいいと聞くと
そんなに難しくなさそうなので
漆にチャレンジしてみたくなりますよね。

また松崎さんの木漆は
木の風合いを残してあるので、
どこか温かみというか、手の仕事感が感じられるのが
個人的には好きなポイントなんですよね。
使い手に使ってみたいと思わせる器。
そんな風に感じてなりません。
e0174865_21285869.jpg
e0174865_21291963.jpg
e0174865_21295236.jpg


松崎さんに作る工程を伺うと、
まずカタチ作りの下準備をして、
そのまま1年ほど置いておくんだそう。
その間に木の持つ歪み、反りなどを出し切らせた後
再度、木を削って微調整してから漆を塗るそうです。
漆も一度塗っては乾燥させ…、を20回ほど繰り返します。
その手間暇を考えたら、驚くほど手ごろな価格!
なので、初めての漆器としても
チャレンジしてもらえたらと思います。

そしてぜひ見ていただきたいのは蓋物。
どれもぐっと来るものばかりです。
e0174865_21311142.jpg
e0174865_21313249.jpg
e0174865_21321074.jpg

e0174865_21331322.jpg


ぜひ実物に触れにいらしてくださいね。


------------

コウゲイ創発塾展
-お酒のテーブル-
6月12日(火)~17日(日)
10時~17時

お問合わせは…
078-767-0015
info★fukugi-do.com
※★を@に変換してくださいね。
[PR]
by fukugi-do | 2012-06-14 22:58 | Comments(0)